ストロボの代わりに!ビデオ・写真撮影用小型LEDライト Aputure AL-M9 レビュー

室内での標本・物撮り用に定常光のLEDビデオライト、Aputure AL-M9を購入しました。かなり小さいので野外での使用もしやすいと思います。まだ多用していないのですが、海外製の商品であるため、購入時の梱包や到着までに不安がある方も多いと思われますので、商品詳細・注文時から使用までの過程をレビューしたいと思います。

 

Aputure AL-M9を購入しようと思った理由

ストロボやフラッシュと呼ばれる器具は、一瞬しか光らないので、被写体に対してどんなふうに光があたるのか撮影が終わるまで分からないので、扱いが難しいと感じていました。一方、ライトなどが光り続ける定常光と呼ばれる照明なら、光の当たり方を自分の目で確認しながらベストの位置を見つけることができるので、とても便利です。

 

数ある撮影用LEDライトの中からAputure AL-M9を選んだ理由は色の豊かさを示すCRIが95%を上回っているからです。それに小さいのもGood。有名な写真家の方がAputure Amaran AL-H198Cの光をを明るく感じられて抜けがいいと評価していたので、きっとこの商品も大丈夫だろう!と背中を押されたというのもあります。

 

Aputure AL-M9 Amaran LED Mini light

AL-M9の詳細です。大きさは手のひらより少し小さい位で軽量(140g)・携帯性抜群です。ライトだけなら余裕でジーパンのポケットに入ります。LEDの光源は9個で9段階調光可能、演色値はCRI95+、バッテリー内蔵タイプでUSB充電が可能です。明るさですが、メーカーによると03.m時900LUX、0.5m時350LUX、11m時

 

80LUXです。 ランタイムは充電が満タンの状態から最大光量で使用すると1.5時間、最小だと13時間使用可能とのことです。ライトの表面にはマグネット着脱式のデフューザーが付いています。色を変えたいときはライトとデフューザーの間にフィルターを挟む使い方が可能です。

 

注文~到着

注文はアマゾンから行いました。アマゾンの倉庫に保管されている商品でしたので、注文してから3日ほどで受け取り可能でした。

 

梱包状態ですが、いつものアマゾンの段ボール箱に入れられて送られてきます。商品パッケージの上から一枚薄めのビニールで包まれているので、外箱は袋を開けないとみることができません。外箱に傷がつかないのでいいかもしれませんね。

 

開封

ビニール袋は破ってしまったので、写真はなしですw。

 f:id:endlessfield:20161129011207j:plain

 

外箱はこんな感じ。

 

同梱品です。

f:id:endlessfield:20161129005836j:plain f:id:endlessfield:20161129005833j:plain

 

本体・USBケーブル・説明書・保証書・ケース・ユニバーサルアダプター・カラーフィルター×2(ブルー・オレンジ)でした。説明書は英語と中国語でした。ボタンが少ないので、私は読まなくても直感的に使用が可能でした。

 

アダプターは本体をはめ込んで固定することが可能です。シューが付いているのでカメラに直接固定して使うこともできますね。アームを使うなどしてもう少し工夫すればこれで被写体をライトで照らしながら撮影する手間が省けそうです。

 

f:id:endlessfield:20161129005840j:plain

 

本体を横から見るとこんな感じです。めっちゃ薄い。

鉛筆より少し分厚い位です。初めて見たときは思わず声を出してしまいました。

この程度の薄さなのでカバンの隙間やポケットに入れて持ち運びが可能です。

 

 

f:id:endlessfield:20161129005838j:plain

 

先に少し触れましたが、ライトとデフューザーはマグネットで着脱が可能な仕様になっています。こんな感じです。磁力がそれなりにあるので使用時にずれ落ちてくる心配はないと思います。

 

 

f:id:endlessfield:20161129005844j:plain

光っているところの写真を撮ってみました。

縦横に3つのLEDが並んでいます。最大光量にすると真っ暗な部屋で苦労せずに歩けるくらいの明るさはあると思います。デフューザーを外した時は明るすぎて直視できませんでした。

 

Aputure AL-M9 テスト

どんな風に写るのか試してみました。といってもコンデジを使って簡単にですが。被写体になる丁度良いものが無かったので、机にあった電池たちにモデルになってもらいました。うまいこと様々な色をしたものがあったので、色をみるテストとしてはいいかもしれません。撮影モードはオートにして設定しています。ストロボは発光していません。

f:id:endlessfield:20161129005849j:plainAputure AL-M9使用時(5cm位離して、調光は2段目)

実物に近い色だと思います。値段も安いので十分ですね。

あとは故障が心配なくらいですね。最近の外国製品は品質が上がっているので大丈夫だと信じて使い倒そうと思います。壊れたら追記します笑。

 

まとめ

Aputure AL-Mは薄い・軽い・安いと3拍子揃った撮影用ライトです!ライトなので光の当たり具合が目でわかるので思った通りの写真が得やすくなります。十分な光量をもっていますのでLEDライトを試してみたいという方にはお勧めだと思います。